• ホーム
  • メロセットは穏やかに作用する睡眠導入剤

メロセットは穏やかに作用する睡眠導入剤

2020年01月07日

強力な作用で眠りに就かせる一般的な睡眠導入剤と違って、穏やかな作用で心地良い眠りをもたらすメロセットは睡眠リズムを整えることで不眠の症状を改善に導き、寝不足が原因で起こるさまざまな不調から健康を守ることにも役立ちます。
メロセットの有効成分であるメラトニンは脳内で分泌される睡眠ホルモンということで、強い化学薬品が使われている睡眠導入剤の服用に抵抗感を持つ人も利用しやすい薬とされ、依存症や副作用が起こる心配が少ない点でも支持を集めています。

メロセットに含まれるメラトニンは脳内で分泌される睡眠ホルモンですが加齢によって分泌量を減らしてしまうため、高齢になると起こりやすくなる早朝覚醒などを引き起こします。
日没後から夜中にかけてしか分泌されないメラトニンは光の刺激を受けやすく、夜間にパソコンやスマートフォンなどの明るい画面を見てしまうことでも分泌量を減らしてしまいます。
メロセットは足りないメラトニンの働きを補い、メラトニン本来が持つ副交感神経に働きかけて心身をリラックスさせる役割を果たし、体温や脈拍・血圧を低下させて穏やかな眠りに引き込んで行く睡眠導入剤です。

メロセットの役割は心身を心地良い眠りに就かせるだけではなく、睡眠リズムを整えて朝起きて昼間活発に活動する日常サイクルに導くことにもあります。
メラトニンの原料となる脳内物質のセロトニンは起床後に朝日を浴びて体内時計がリセットされてから分泌を開始します。
その際に日没後から始まるメラトニン分泌の予約タイマーが入るため、朝きちんと起きるサイクルを定着させることは不眠を改善させるために不可欠となります。
セロトニンは昼間の活発な活動からも分泌が促されるためメラトニンの分泌量を増やすことに役立ちます。
メロセットの睡眠導入剤としての真価は眠らせることだけにあるのではなく、人体が持つ質の良い眠りにとって大切な生活サイクルに引き戻すことにあると言えます。

寝不足がもたらす心身の深刻な不調って?

睡眠導入剤メロセットが改善に導く不眠の悩みは、寝不足がもたらす心身のさまざまな不調の改善にも役立ち、心身の健康を全般にわたって維持することにも役立ちます。
寝不足が原因で起こる不調は昼間の強い眠気や倦怠感のほか、脳の覚醒レベルが低下することでさまざまな警告サインが脳から送られるようになり、日常生活の中で意外な形であらわれます。
人や物にぶつかりやすくなるというのもサインの一つとされ、脳の覚醒レベルが下がって自分の身体の動きを正確に予測する感覚が低下し、脳内のイメージと身体の動きにギャップが生じるためと言われます。

飴を途中でかみ砕いてしまうというのも脳からの警告サインと言われ、かむという規則的な動きをくり返すリズム運動をすることで、寝不足によって低下したセロトニンの分泌を促して気分の安定を図るためにリズム運動を行うと考えられています。
夜中など食事時間以外に急に甘いものが食べたくなるのも寝不足サインの一つで、覚醒レベルが低下すると満腹ホルモンのレプチンが減って食欲をもたらすグレリンが活発に分泌されるため急な空腹感を覚えたり、エネルギーとなる糖分が含まれた甘いものを欲すると言われ、太りやすくなる原因にもなってしまいます。

忘れっぽくなるというのも寝不足の弊害とされ、覚醒レベルが落ちた脳が目を覚まそうとして過度な興奮状態になったり注意力散漫の状態になってしまうことで脳に入った情報がうまく整理できなくなってしまって記憶に混乱が生じ、忘れっぽくなる状態に陥ります。
睡眠不足解消のため寝つきを良くしようと寝酒を飲む人もいますが、寝つき自体は良くなるものの睡眠の質が低下してしまうため逆効果とされます。
寝酒の習慣は太りやすくなる原因の一つにもなり、メロセットのような睡眠導入剤を服用するほうがより良い改善に結びつけることに役立ちます。